田舎移住起業,三心五観,田舎暮らし,自然食,サスティナブルライフ,エコビレッジ,三心五観,サスライプロジェクト

ブログ

2015.1.14  投稿者:傑士

牛乳を学校給食で我が子に飲ませない10の理由(4)

※新たに勉強して一部間違ったところもあったので改訂しました。

http://sasuraipro.com/?p=520

をご覧ください。

 

まとめです。

 

1、牛乳は仔牛が飲むもの。

2、乳は赤ちゃんが飲むもの。

3、日本人には牛乳を飲む習慣がない。

4、牛乳は栄養摂取を阻害する。

5、牛乳はカルシウムを多く含まないし、カルシウムだけでは骨は丈夫にはならない。

6、乳は生で飲むもの。

7、牛乳は体にいいどころか悪い。

8、ご飯と牛乳は合わない。

9、牛の飼われ方が不自然。

10、子供の健康や牛の命よりも大人の事情が優先されている。

 

以上の理由で、我が子に学校給食では牛乳を飲ませていません。

 

子供は親や大人の言いなりです。

 

自分で食べるものを選択することはできません。

 

自分で判断できるようになるまでは親や大人がちゃんとしたものを与え、

判断できる力を養ってあげる必要があります。

 

でもその判断は大人より子供の方が正確かもしれません。

 

大人は栄養がどうのだとかすぐに頭でごちゃごちゃ考えてしまいます。

 

いいとか悪いとかあっているとか間違っているとかではなく、

シンプルに自然か不自然か、快か不快かで判断すればいいのです。

 

人間も自然の一部なので、

自然に反した事、自然の許容範囲を超えた事をすると

その報いを受けるようになっています。

 

しかし私は6年間、牛乳を飲みましたが、特にその報いは受けていません。

 

それはラッキーなだけなのかもしれないし、後々報いを受けるのかもしれません。

 

他でカバーできているのかもしれません。

 

自分は大丈夫でも、環境や牛に迷惑をかけていることは確かです。

 

そうとわかっていて自分の子供に飲ませることはできませんでした。

 

ただ親の主張を子供たちに一方的には押し付けないようにしています。

 

牛乳に限らず、子供たちとはちゃんと対話するようにしています。

 

「こういう理由で牛乳を飲まさないでおこうと思うねんけど、どう思う?」

 

「みんなと同じように牛乳飲みたい?」

 

と誘導尋問にならないように聴きました。

 

うちの子たちは、牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるし、口にも合わないようなので

「飲みたくない」と言ったので、牛乳は飲ませず、お茶を持たせました。

 

「牛乳飲まずに水筒持っていって他の子になんか言われたりしてへん?」と尋ねても

周りはそんなもんだと特に気にしてない様子で、クラスで浮いたりはしていないようです。

 

私の師匠、ナチュラルハーモニーの河名さんは、

子供同士の調和を大事にして、あえて牛乳を飲ませていたそうです。

 

そのかわり、家でしっかりケアしてあげていたそうです。

 

何が何でも牛乳がよくないから飲ませないでは、それはそれで不健全です。

 

子供の意思、周りとの調和なども考えてどうするのかを総合的に判断した方がいいと思います。

 

子供たちの問題だけではなく、牛乳を拒否する場合、学校や行政とのやりとりの問題も出てきます。

 

「学校側にどう言ったら飲ませずに済むのか?」とよく質問を受けます。

 

私の場合、正論でゴリ押しすると関係が悪化する可能性があるので、

アレルギーの診断書を取り、提出して飲まないようにしています。

 

一度話してみようと試みたこともあったのですが、なかなか理解してもらえなさそうだったので、切り替えました。

 

何でもそうですが、あれ駄目これ駄目になると自分も周りも息苦しいのでそうならないように気をつけています。

 

牛乳もすべてが悪いというわけではありません。

 

牛乳も色々あります。

 

ピンキリです。

 

私は牛乳嫌いですが、好きな人だっていますし、嗜好品として飲むのは全然オッケーだと思います。

 

実はうちの妻は大の乳製品好きで、その影響を受けて、子供たちも好きです。

 

牛乳もいいものだと飲みます。

 

だからたまに「いいもの」をチョイスして牛乳を楽しんでいます。

 

次回は、牛乳の選び方、見分け方、これぞ本物の牛乳を紹介します。

 

「サスライプロ」へのお問い合わせはこちら

田舎暮らしコンサルタント サスライプロ

〒669-4252 兵庫県丹波市春日町下三井庄159-1
お問い合わせ:090-6676-6283

copyright © SASURAIPRO. all rights reserved.