田舎移住起業,三心五観,田舎暮らし,自然食,サスティナブルライフ,エコビレッジ,三心五観,サスライプロジェクト

ブログ

2015.7.6  投稿者:傑士

病気は浄化作用?

自然界は、常に絶妙なバランスが保たれていて、

バランスが崩れるとそれを元の状態に戻そうという浄化作用が働きます。

 

例えば、農地でもそこに本来ないものである化学肥料や牛糞や鶏糞などの有機肥料や農薬が入ると

その場のバランスが崩れます。

 

そのバランスを元に戻すために、虫や病気が発生します。

 

野山の草木が虫にボコボコにやられたり、病気になったりすることは滅多にありません。

 

獣のうんこが落ちた場所や、獣が死んだ場所なんかには虫が発生しますし、

酸性雨によって木が弱り、病気になったりすることはあります。

 

野生動物も基本、病気になることはありません。

 

人間が捨てた食べ物拾い食いして病気になるかもしれませんが・・・

 

人間に飼われているペットや家畜は病気になります。

 

なぜなら本来食べるべきものを食べさせてもらっていないからです。

 

ちなみにドッグフードは「食品」ではなく「雑貨」の扱いだそうで、

とんでもないものが入っているそうです。

 

人も自然の一部なので、不自然なものが体に入ると元の状態に戻すために出そうとします。

 

それが、

熱だったり、

咳だったり、

鼻水だったり、

嘔吐だったり、

下痢だったり、

アトピーだったり、

病気だったりするわけです。

 

つまり、熱も咳も鼻水も嘔吐も下痢もアトピーも病気も、バランスを元に戻す浄化作用なんです。

 

そう考えると、虫も病気も悪ではなく、有難いものになります。

 

もしこのような浄化作用がなかったら、きっと早死にします。

 

しょっちゅう熱出したり風邪ひいたりする人は、大きな病気にならないといいますが、

これはこまめに浄化できているからだと思います。

 

逆に普段風邪ひとつひかない人の方が急に大病を患ったりするのは、

浄化ができず、不自然なものを溜め込んだ結果だと思います。

 

低体温のひとは癌になりやすいというのも同じことが言えると思います。

 

「病気=浄化作用=有難い」と頭で分かったとしても

いざ病気になると、しんどかったり、だるかったり、痛かったりするので

煩わしく思ってしまい、早くこの状態から逃れたいと思い、

薬でその症状を抑えようとしてしまいます。

 

でもそれは、化学薬品だろうと漢方だろうと生薬だろうと

浄化作用を止めることになるので、問題の先送りになってしまいます。

 

氷枕や冷えピタや芋パスターも同じです。

 

目の前の症状をやっきになって対処するのではなく、

病気になった原因、つまり過去にどんな不自然な事をしてきたのかを見つめる必要があります。

 

じゃあいざ病気になったらどうするのかというと、

放置、もしくはもっと助長させます。

 

病気には必ずピークがあります。

 

それを超えれば浄化が終わり完治します。

 

でもピークを迎える前に

苦しさに耐えられなくなったり

もっと悪化してしまうんじゃないかと不安にかられたりして

薬を飲んだり手術したりしてしまいます。

 

しかし薬を飲んでしまったがために治るはずのものが治らなくなって

余計に悪化させてしまうこともあります。

 

その代表例が、抗がん剤や抗うつ剤です。

 

薬についての話はまた別の機会にしますが

薬を飲んだらその時ちょっと症状が緩和されますが、

また元の状態、もしくは悪化していって、薬を飲み続けなくてはならないようになります。

 

やがてその薬が効かなくなってさらに強い薬が必要になり、完治することはありません。

 

だから「病気=悪」と捉えず、自分の体を元の状態に戻してくれる有難いものだと思えば、

もったいなくて抑えようとはなりません。

 

我が家では、病気になったら「ラッキー」となります。

 

熱が出たら「もっと出ろ」「もっと上がれ」と思います。

 

この前も1歳半の息子が40℃以上の熱が出ました。

 

昔なら不安になって解熱剤とか使っていましたが、

今では「やっぱり子供って凄いなあ」「こんなに熱出るなんて羨ましいなあ」となります。

 

出し切ると、スッキリしているし、強くなった気がします。

 

私もこの前熱が出ましたが40℃なんて行きません。

 

38℃代がダラダラ続きます。

 

それだけ自己免疫力、自己治癒力が低い証拠なんです。

 

完治するまでに2週間以上かかりました。

 

そこまで長引くと完全に放置するというわけではありせん。

 

症状が長く続くと体力や治癒力が落ちてくるので、

食欲がなくても食事したり、水分補給したりする必要はあります。

 

長引く前に出し切ってしまえばいいので、病気を助長するようにすることもあります。

 

私の場合、それがお手当だったり、波動共鳴セラピーだったりします。

 

そのあたりの話もまた別の機会にします。

 

癌になった人でも「病気=浄化作用=有難い」と思い、

過去の自分を反省できてよかったなどと思えた人は治ったりしているし、

逆に「癌と戦うぞ!」「闘病するぞ!」という人はあまりいい結果でないように思えます。

 

病気になったのは自分が不自然な事した結果なんですから、

病気を責めずに自分のやってきたことを反省することが大切だと思います。

 

最後に、不自然なことって食べ物ばかりではありません。

 

心や想念もそうです。

 

あと親の代から引き継がれている不自然なものもあります。

 

自然はパーフェクト、人間も自然の一部、自分を信じましょう。

 

 

■牛乳の話+本物の牛乳の試飲+甘酒の作り方セミナーやります。

7/15(水)大阪旭区→http://www.kokuchpro.com/event/a301a0dfaa5ddea55c256037482b049a/
7/16(木)大阪堺市→http://www.kokuchpro.com/event/gyunyu/

 

■食品添加物の話と実験+調味料・油の選び方セミナーやります。

7/29(水)大阪旭区→http://www.kokuchpro.com/event/0729/

7/30(木)大阪堺市→http://www.kokuchpro.com/event/0730/

 

■無理せずできるナチュラルライフのすすめ入門編~モノと情報の選び方~

8/30(日)神戸六甲道→http://www.kokuchpro.com/event/albelt/

 

■自然食農家レストラン三心五観→http://3shin5kan.com

 

■食や農、田舎暮らし、起業などのセミナー出張致します。

info@sasuraipro.comまでお問合せ下さい。

「サスライプロ」へのお問い合わせはこちら

田舎暮らしコンサルタント サスライプロ

〒669-4252 兵庫県丹波市春日町下三井庄159-1
お問い合わせ:090-6676-6283

copyright © SASURAIPRO. all rights reserved.